不思議の国の軟体鉱物

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マジつま?」 第1回 『LOST+BRAIN』

さて、今回から新企画を始めます。
「あの作品はマジでつまらないのか?」略して「マジつま?」です。
誰かが「買って損した」と思った漫画やラノベを読んでみて、
本当にその作品がつまらないのかどうか、ちゃんと検証しようという企画です。
健康に悪い企画だね♪

で、記念すべき第1回目は漫画『LOST+BRAIN 』です。
『デスノート』のパクリと散々いわれた例のアレですね。
天才少年が催眠術によって世界を変える……みたいな話です。
というわけで、古本屋で全三巻を250円くらいで買ってきました。
1冊100円しないのか、これ……

それでは、まず総評から。

総評:マジでつまらない

原因:キャラクターの個性不足

えっと、この作品。コンセプト自体は悪くないと思うんですよ。
催眠術で人を操る。高校生ならエロ目的に使う所を、頭良いから発展的なことに使う。
絵も悪くないし、その辺りは良いのですが……キャラがひどい。
あまりにも、ひどい。

たとえば主人公。世の中に絶望的なのは分かるとしても、
じゃあどのような世界が具体的に良いのかとか、何か好きなものは無いのかとか、
そういうのが全く描かれてなかったように見えるんですよね。からっぽ!
他のキャラもみんなそうで……薄っぺら。
『デスノート』だと、ライト君とLの知能戦=心理戦を行った関係で、
両者の個性が読者にもかなり伝わりました。
逆に言えば、それだけの個性が掘り下げられる、と。
そういうことを全くやってません、この作品。致命的です。
ここさえどうにかなれば……もう少しはマシだったのかなぁ。

この作品に対しては、PS2ゲーム『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』の
「神は人を作り、人は物語を作る」という言葉が思い当たります。
原作者はストーリーを考えるというより、そのストーリーを作り出せるキャラを考える。
それが正しい作品の作り方なのかもしれませんね。
うむむ。

というわけで、第2回の題材作品を募集します。
買って損した漫画・ラノベをどなたか紹介してください。
出来れば安くて短いやつ……

それにしても……本当につまらなかったなぁ、『LOST+BRAIN』……
まさに原作と編集の脳がロストしてます。催眠術にでもかかっていたのでしょうか。

何にしても、催眠術を全くエロ目的に使用しなかった時点で駄目ですね、はい
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

『Respective Tribute』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

kuroron

Author:kuroron
黒髪ロングストレート好きの20代メンヘラです

目撃者数

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。