不思議の国の軟体鉱物

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライドウと千早と亜美真美と

『葛葉ライドウVS超力兵団』を買ってみました。
空飛ぶロリ妖怪と街の中を疾走したり、館の中を探索したりしてたら
ボスが一つ目の球体でした。バックベアードさま!!
あと『MASTER ARTIST』の千早と亜美真美も購入しました。
下田麻美さんのモノマネが凄すぎて笑えます。
何故か千早のCDでの千早より、亜美真美のCDに出てくる千早の方が
千早らしいような気がする。貧乳いじりされてるから?

そんな感じでアニメ感想。
・エル・カザド
ブルーアイズと聴くと滅びのバーストストリーーーーム!!

・ドージンワーク
斎藤桃子が普通に描けそうで逆に不安。


さて、黒歴史の匂いプンプン小説です。
いや、読んでくださってる方がいて本当に衝撃でした。
前mixiで書いてたやつよりは遥かに面白い気はするけど……
でもまだまだです。


『Respective Tribute』 第21回

 昼食を外で食べた後、アリスを部屋まで送り終えた奈々子。独り、車の中で背もたれに体重をかけながら、目を閉じた。
 それにしても、腑に落ちないわね。
 事件は2件、確かに起きている。だけどそれらに関する事件の報道は一切無い。世界的にテロ活動が増加しているとはいえ、日本では狙撃事件なんて滅多に起こらない大事件だ。それが報道されないとなると、やはり報道規制がかかっているのかも知れない。
 それよりも気になるのは、捜査班だけど。
 ホンシアと秘密裏に接触し、確保する。仮にも狙撃事件の犯人なのに、だ。捜査班と話がついているのが普通だけど、ウチの係が独自に判断したとも考えられる。
 前者だとしたら、報道がされないのは捜査班がこちらのホンシア確保に協力しているからだろう。確保した後、魔導士として運用することを考えると、事件は無かったことにすべきであるからだ。そう考えると一見、辻褄が合いそうだが、だとしたらこんな重大な任務をアリスだけに任せるのは不自然過ぎる。
 かといって後者だとしたら、謎が多すぎる。報道規制の謎、捜査班との関係の謎、そしてやはり、アリスに任せるという判断の謎。どう考えても、アリスだけに任せるべき任務では無い。
 そこに何か思惑があると考えるべきね。奈々子はそう結論付けた。
 何よりこの事件、ホンシアの行動にも不可解な点がある。過去の事件は企業幹部など、大物を狙った事件ばかりだったのに、今回の事件の場合はただの会社員、本当に何の変哲も無い2人の人間を殺している。しかも2人の被害者には共通点が全くといって無い。アリスが目撃していなければ、別の犯人を疑っても良いくらいだった。
 被疑者の目的、報道がされない理由、確保任務の不可解さ。こんな怪しい任務にアリスを巻き込んだことは、やはり失敗だったかも。たとえ命令だとしても、これだけ不審な点があれば断ることも出来たはずだわ。
 摩天楼の上に浮かぶ、亡霊のような魔導狙撃手、シュウ・ホンシア。彼女に、興味をそそられ過ぎたのかも知れないわね。奈々子は自嘲気味に笑い、目を開けた。
 過ぎたことはどうでも良い。それよりも、この件に関して調べることが重要だわ。捜査班に関すること。報道規制は誰が行っているのか。それと、上司の動きも。ホンシアの目的も、もしかしたらその辺りから分かるかもしれない。どうせ魔力犯罪係なんて暇なことこの上ないんだから、時間は充分にある。アリスの危険を減らすためにも、何が起こっているかはちゃんと把握しないとね。
 奈々子は車のエンジンを始動させ、アクセルを踏む。発車など一部自動運転で出来る車だが、奈々子はそんなものは使わない。
 自分の周りにあるものくらいは、せめて自分の好きなように。
 自分が納得出来るように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://longstraight.blog79.fc2.com/tb.php/222-4e466220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

『Respective Tribute』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

kuroron

Author:kuroron
黒髪ロングストレート好きの20代メンヘラです

目撃者数

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。