不思議の国の軟体鉱物

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期アニメのなんとなくと小説

さて、最近更新が滞っております、私です。
風邪と疲労と『ポケモン』と卒業研究と資格試験勉強が原因ですが、
アニメの見すぎと言うのも否定できません。

というわけで、アニメ感想……と思ったけど3,4日分なので、
むしろ今期アニメの注目作紹介にしましょう。
まず、『バンブーブレード』と『スケッチブック』は妥当な出来です。
『カイジ』は丁寧に作られてるし、結構熱い。
『かわいいジェニー』は今期最高のギャグアニメ。見るべしです。
『ドラゴノーツ』は男性の全裸好きなら。
『クラナド』は京アニ好きと風子好き向き。
『Myself Yourself』は金朋地獄。
『グレンラガン』は再放送だけど見る価値は充分すぎ。
『ef』は2話の終わりから真・OPへの繋ぎが凄い。OPは今期最高の出来。
CD予約しちゃいましたよ、中毒で!!
大体そんな感じです。
個人的オススメは『カイジ』『ジェニー』『グレンラガン』です。
他のアニメも好きだけど、『ジェニー』に勝てる気がしない!!

さて、というわけで中二病小説です。
吉里吉里で試しに冒頭だけノベルゲー化してみたのですが、
何故か作った本人が気に入ってしまう始末。
やはりこの作品、作者以外の読者があまり得られない分、
作者には思いっきりツボってるようです……自分補正込みで。
まさに、中二病小説。でも書ききる。


『Respective Tribute』 第32回

「あんな人だったなんて、思わなかったわ」
 ハンカチで涙を拭いながら、愚痴を溢すようにアリスが言った。
「そりゃ、久しぶりに会った知り合いにあの態度じゃねぇ……」
 ホンシアは一呼吸置いてから、慎重さが感じられる声調でこう切り出した。
「ローエングリンと……どういう関係?」
 アリスはハンカチを右目、左目と当て、胸の痞えを捨て出すように息を吐いた。
「友達……いいえ、先生と生徒……兄と妹みたいなものだったのかも知れないわ」
「やっぱり深い関係だったわけね」
「そうね……ええ、きっとそうだわ」
 旅した時間。エルザの湖での時間。時間、記憶、その多さが、深さ。
「なのに事情もろくに話さないで追い返すなんて、ホント最低だね」
「最低よ」
 再びこぼれ出す涙を拭いながら、嗚咽のように吐き捨てる。
「でもさ……」
 意味有り気に言葉を切るホンシア。アリスは顔を上げ、その顔を見る。
「でも……何かしら?」
 何か思う所があるのか、ホンシアはアリスの顔をじっと見つめた後、右人差し指を立てた。
「1つだけ、お願いがあるんだけど」
「……どんなお願い、かしら」
「もうさっきみたいに、不意打ちで私を襲わないこと。このお願い聞いてくれるなら、良いこと教えたげる」
「良いこと……?」
 良いことなんて、あるのかしら。こんなに泣かされた後で、一体、どんな?
 きっと無いと、アリスは思った。それでも、彼女は頷いていた。
 優しい人の優しい言葉を断れるほど、涙が乾いていないから。
「交渉成立ね。じゃあ、教える」
 ホンシアは不敵に笑い、こう言った。

「ローエングリンは、『女王』の命令なんかで動いてはいない」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://longstraight.blog79.fc2.com/tb.php/250-00be9ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

『Respective Tribute』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

kuroron

Author:kuroron
黒髪ロングストレート好きの20代メンヘラです

目撃者数

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。