不思議の国の軟体鉱物

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古DVDあさりちゃん

どうも、友人と遊びに行ったら何かレンタルDVDが中古販売してて、
1枚あたり500円だったのでつい買ってしまいました。
買ったもので面白そうなのは……
・28日後……
デスペラード
リベリオン

どうみても馬鹿映画好き。アニメ感想。
・ガンダムOO
刹那君は頭悪いのではないだろうか。

・電脳コイル
驚愕……来週で終わるのが凄い寂しいから再放送がんばる。

・しおーんの王
斉藤さんが主人公だろ。

・電王
久々に電車が戦って本当に嬉しい。

・マイメロ様
あなたと……合体したい。

あ、あと前から見たかった『CURE』という映画も買いました。
こっちはVHS版なのですが。
感想としては……不気味でしたね。
この作品の監督、黒沢清さんの作品は映像の雰囲気が最高に良いです。
程よい緊張感で、役者さんたちの演技もなかなか。
この作品でも萩原聖人さんの雰囲気が抜群です。

とはいえ、スッキリしないようなスッキリするような作品でした。
話の展開、結末などが映像を素直に受け取ればスッキリなのですが、
何か裏があるのでは……と変に勘ぐったせいでスッキリしない気も。
ネットで考察とか見ると、こっちの勘ぐりが考えすぎであり、
怪しいシーンなどは作品の雰囲気や主題をそれとなく見せる
メタファーではないかと書かれており、納得しました。
最近の映画では最後に大ドンデン返しがあったりするから、
実は作中では明かされない大きな闇の陰謀、裏の真実があるみたいな、
そういう妄想を求めてしまったりするのでしょうかね。

でも求めてしまうのは、そういうのがあった方が安心だからでしょう。
説明が出来ないようなシーン、明確な関係性が無いシーンは
つまり不気味なシーンなワケです。意図が掴みにくくて。
そのような不気味さの演出が、黒沢監督の面白さでもあります。
この監督の作品を見ると毎回、その不気味なシーン群と話が繋がらず、
その点にモヤモヤしつつも、映像の雰囲気が気に入ってしまう。
結果、印象に残ってしまう感じです。
難しいです、この監督は……

あと『デスペラード』はギターケースが兵器。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://longstraight.blog79.fc2.com/tb.php/267-d9011919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

『Respective Tribute』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

kuroron

Author:kuroron
黒髪ロングストレート好きの20代メンヘラです

目撃者数

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。