不思議の国の軟体鉱物

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまり、そういうこと

『スマブラX』やってて、更新サボりすぎました……

いや、面白いですね『スマブラ』は。
アドベンチャーモード、対戦モードもさることながら
フィギュア収集が出来る点も素晴らしい。
そのフィギュアを色々な角度から見れる点も。
ええ、ぐるぐる回してスカートの中をのぞこうとしましたとも。

ただの変態!! アニメ感想。
・ドラゴノーツ
もはや手抜きを通り越して適当すぎ。

・墓場鬼太郎
メロメロメロメロメロメロメロメロメロメロメロメロメロメロ……って死んだ!?

・チュルーチアーズ
乃絵、死んじゃうの?

・クランナド
般若はかわいいですよ。

・グレンラーガン
暗い。

・ペルソーナ
兄貴がツンデレすぎて……

さて、中二病小説です。
『スマブラX』のせいで執筆が遅れそうな予感……

~『Respective Tribute』 第55回~

「本当に失礼なことをした。軽率な行動を、どうか許して貰いたい」
 陰島はテーブルに額が着くほどに上身を曲げて謝った。
「失礼なのはお互い様です。……小夜、いいかげんにして」
 奈々子がそう言った直後、小夜は銃をコートのポケットに戻し、先ほどまでそうしていたように隣のテーブル席に座った。
「気になるお嬢さんだったが……少し舐めすぎたかな」
「先ほどの言葉、訂正いたしますわ。私たちもまた、貴方がたをここで殺すことが出来ますの」
 奈々子は自分たちが優位に立ったことを確信していた。怒りは収まらなくても、それは気分の悪い事では無かった。
「アリスよりも欲しい人材であるが、無理だろう。諦めよう」
「ええ、全て諦めて下さい。アリスも、小夜も。そして、馬鹿げた計画も」
「馬鹿げた計画か……確かにそうだろう。確かに馬鹿げている。だが、だからこそやっても良いのではないか」
 銃を突きつけられた後でも態度の変わらない陰島に、奈々子の優越が僅かに害された。
「いいか、奈々子君。『女王』はこの世界における、ラスボス的存在なのだ」
「ラス……ボスぅ?」
 突然の不可解な言葉に思わず素の自分を出してしまいそうになる奈々子。そんな奈々子に対し、隣のテーブルにいる小夜は聞いているのかいないのか、ただ無表情だった。
「それは一体……どういう意味で」
「そのままの意味だ。強大な力を持ち、世界の頂点とも言える存在。偉大にして美しく、秀麗にして雄々しく。人外の、『女王』だ」
 人外。それが指すものは、1つ。
「大シンボル……」
「そうだ。『女王』こそ、魔力の発生源と目される『構造体』を動かす者たちの頂点。全ての『象徴』の『女王』だ。私は大シンボルの1人と盟約を結び、共にあの『女王』を倒すことを誓ったのだ」
「……」
 唖然とする他、奈々子には無かった。
 大シンボルの1人。それは恐らく、アリスが口を滑らせて言ってしまった名前。
「ローエングリン……」
 奈々子がぼそっと呟いたその名を聞き、陰島は笑む。
「その通りだ。ローエングリンと私は、最強の『女王』を倒す」
「何故……そんなことを」
「決まっているだろう。男は、強い者に勝ちたいと願うものだ。己の全てを賭けてでも、私は比類無き魔導士である『女王』を倒し、伝説になりたいのだ」
「馬鹿げている……」
 この男は、自分に酔っている。陶酔しきっている。奈々子にはそう見えた。そう見えたが、しかし、その言葉に込められた覚悟は本物である。彼女にはそのようにも見えた。
「だが、その馬鹿げた勝負に『女王』は乗ってくれるだろう。君も、明日の朝を楽しみにしておくと良い」
 そう言って陰島は椅子から立ち上がる。奈々子は最後の一言が気になり、尋ねた。
「明日の朝……何があるというのですか」
「君がどう思おうと、全ては彼女の気持ち次第だ。それは当然のことであるがな」
 それだけ言い残し、陰島は神崎を後ろに従えて立ち去って行った。
 立ち去る陰島の背中を見つめながら、奈々子は気が付いた。
「まさか……」
 自分がここにいる間、アリスはどうしているのだろうか。陰島の協力者である大シンボル、アリスの知人であるローエングリンはどうしているのだろうか。
 もしもアリスが旧友に説得されたなら。自由奔放な彼女が、『構造体』の権力者であるらしい『女王』ルーシーを好いていないとしたら。
 陰島が説得したかったのはアリスの方であり、邪魔されたくなかったのはアリスへの説得。全てを話したのも、自分の意識をアリスから逸らすため。全ては陰島の思惑通りに進んでしまった、そういうことなのでは無いか。 
 胸騒ぎに動かされるように奈々子はノート型端末を取り出し、急いでアリスの位置を確認した。アリスの足首に付けられているはずのリング。その位置は、ホンシアが狙撃を行った場所にあった。アリスとホンシアが出会った場所に。
 それが意味することは、明白だった。
 奈々子は自分の迂闊さに項垂れ、そして理解した――自分には、何も出来ないということを。
 涙を堪えて、2人しかいないレストランで俯くだけの奈々子。小夜はそんな彼女を黙って、ただ黙って、見つめていた。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://longstraight.blog79.fc2.com/tb.php/293-81d799e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

『Respective Tribute』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

kuroron

Author:kuroron
黒髪ロングストレート好きの20代メンヘラです

目撃者数

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。