不思議の国の軟体鉱物

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュゥべえさんの失敗? 【まどかマギカ最終回雑感前編】

どうも、『あのはな』が今期アニメでは一番面白いと思う私です。
あなるにめんまを……

さて、『魔法少女まどか☆マギカ』が無事終了したので、
今回はそれについてのネタ書きたいと思います。
もちろんネタバレありで。
というわけで最初のネタは「キュゥべえさんの失敗?」です。

1.キュゥベエさんの敗因

『まどかマギカ』のラストで、魔法少女→魔女という変化が完全に失われました。
その結果、キュゥべえさん(以下QB)のエネルギー回収効率は極端に落ち、
魔法少女が家畜から協力者へと変わったと同時に
QBさんらインキュベーターは魔女が存在した世界よりも大幅に忙しくなったことでしょう。
言うなれば、QBさんはまどかに敗北してしまったと言えます。
では、何故QBさんは敗北してしまったのか。
その要因は恐らく「人間の感情を理解できなかったこと」だと考えられます。


2.キュゥべえさんの想像を超えたもの

そもそも、この結果はQBさんがほむほむを魔法少女にしたのが発端です。
時間を巻き戻すことでエネルギーがまどかに集中し、それを回収しようという目論見が
QBさんにあったのかも知れませんが、それは叶いませんでした。
その原因の1つ目は、「ほむほむがあまりに時間を繰り返しすぎた」こと。
まどかを救いたい一心で何度も時間を繰り返した結果、
まどかは世界の理すら変化させる究極の存在になることになりました。
そのような存在にさせるほどほむほむがまどかに執着し、
諦めることなく時間を戻し続けたのはQBさんも予想していなかったことでしょう。
ほむほむのまどかに対する執着心を、QBさんは想像できなかったのです。

そして2つ目は、「まどかに真実を知られすぎたこと」でしょう。
ほむほむの影響やさやかの末路もあるでしょうが、
QBさん自身も嘘を(一応)吐かずに多くの真実をまどかに与え、
それがまどかの決断を左右させたのは間違いないでしょう。
魔法少女で無いにも拘らず、まどかは魔法少女の苦痛を知ってしまったわけです。

そんなまどかが魔法少女の救済を願った。
それが3つ目の誤算「自己犠牲の精神」です。
魔法少女の苦しみを自分が全て背負うという選択。
他者に共感できる存在、感情がある存在だからこそ選ぶことの出来た選択。
さやかも選んだその選択をまどかは全ての魔法少女のために選び、
それによって発生する呪いを外部では無く自分自身へと還す循環。
言うなれば、無限地獄です。
QBが回収するはずだった魔女化のエネルギーはまどかという無限地獄の一部となり、
魔法少女はもはや魔女になることは無くなりました。
それを可能にしたのは「ほむほむの執念」「まどかの共感」「自己犠牲」
QBが理解できなかった「感情」というものなのです。


3.キュゥべえさんに足りなかったもの

ではQBさんには何が足りなかったのか。
それは間違いなく「人間の感情を理解できなかったこと」でしょう。
感情をエネルギーとして回収しておきながら、感情というものを理解しようとしなかった。
未知数のエネルギーを、未知のままで利用し続けようとした。
それが宇宙を改変するほどの結果をもたらしてしまったのです。
もしもQBが人間の感情を少しでも理解していたのならば、
インキュベーターの使命を阻害するような願いをさせないように誘導して、
安定してエネルギー回収を行い続けることが出来たでしょう。
QBさんは感情が無かった故に、感情に敗北したのです。


4.まとめ

感情とは、何か。
愛だの優しさだの憎しみだの苦痛だの笑いだの怒りだの色々あると思うのですが、
何かに執着出来ること、何かに共感出来ることこそがその原動だと思うのです。
自分以外の何かに価値を見出し、その何かのために自己を犠牲に出来る。
自分がいて、他人がいる。
ほむほむがいて、まどかがいる。
そのような人間の関係こそが効率や損得を超えた行動や結果をもたらす、
エントロピーを凌駕する「意味」というものを生み出すのだと思います。
QBさんは合理的過ぎた故に、そんな非合理なエネルギーを扱うことが出来なかった。
遅かれ早かれ、インキュベーターは敗北する運命だったのでしょう。
まぁ、外道だったししょうがないよね!


後編は「まどかの願い」についてでも書きましょう。

追記:後編→「まどかの成長拒否?」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://longstraight.blog79.fc2.com/tb.php/386-a9d585fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

『Respective Tribute』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

kuroron

Author:kuroron
黒髪ロングストレート好きの20代メンヘラです

目撃者数

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。