不思議の国の軟体鉱物

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Respective Tribute』 第3章「再会」 Part3

 前→「再会」 Part2

 その湖には微かながら、薄白い霧が掛かっていた。薄曇りの朝を思わせる柔らかい光が湖面を銀色に鈍く輝かせ、雪原の銀世界にも似た静寂を醸し出している。
 そして静かなその世界を破壊するかのように、アリスの声が響き渡る。
「ていやぁぁあああーーー!!」
 バールのようなものを振り下ろした先に、剣と男がいた。真っ白な世界に合わせたかのような白の髪と白のロングコートの男。その男が両手で握り締めている剣によって彼女のバールのようなものは受け止められ、受け流される。力を込めたアリスの武器は傾けられた剣に沿って滑って行った。
 「また……!」
 即座に男から飛び離れ、距離を取るアリス。
 湖面から数メートル上、薄霧の中で2人は戦っていた。戦いというよりは訓練であり、遊びである。自分の力を誇示するためにこれを申し込んだアリスであったが、逆に相手の技量を見せ付けられる結果となった。
 これまでに3回戦い、アリスの全敗。彼女の攻撃は悉くかわされていた。攻撃を受け流し、隙の出来た瞬間に勝負を決する。それが守護のイメージから生まれた大シンボル、『守護の王』の称号を名付けられたローエングリンの戦法だった。
「もっと積極的に戦って欲しいわ」
「力任せのお前には、頭を使わないと勝てる気がしない」
 その言葉が遠回しに自分を馬鹿にしているように聞こえて、アリスはむっとする。
「私だって、頭を使っているんだから」
 アリスは加速し、先ほどと同じようにバールのようなものを振り下ろす。ローエングリンも同じように受け止め、そのまま受け流そうとする。
「させないわ!」
 アリスは魔力を高め、ローエングリンが耐え切れない程の圧力でバールのようなものを押し当てた。
「ぐっ……」
 自身の腕力と魔力で受け流すには重すぎる力なのだろう、ローエングリンの表情は険しくなる。勝てる。そう確信したアリスはさらに力を加え、押し切ろうとする。
 だが、思いもよらないことが起こった。ローエングリンの身体全身がまるで時計の針のように回り始めたのだ。剣とバールのようなものが凌ぎ合う点を中心として、下を向いていた彼の両脚が上に向かって弧を描く。
 その奇妙な行動にアリスは呆気に取られ、そして我に返った時には既に遅かった。剣の傾きではなく全身の傾きによってアリスの全力は受け流され、バランスを崩した彼女は湖に突っ込みそうになる。必死で押さえ留めたアリスはどうにか湖に落ちずに済んだものの、首の後ろに刀身の冷気を感じ、認めるしかなかった。
「私の負けだわ」
「4戦4勝だ。もう少し頭を使った方が良い」
 そう言って、ローエングリンは剣をアリスから離した。
「あんな変なやり方、ずるいわ」
 もう少し頭を使った方が良い。先ほどよりも直接的な物言いが、負けただけでも充分悔しいアリスをさらに不機嫌にさせていた。
「相手の考え付かない事をする。そうすれば相手に隙が出来て、勝利の糸口が見出せる。戦いは自分の力と相手の力を如何に利用するか、それが重要だ」
「むぅぅ……」
 悔しさを包み隠さず表情に示すアリス。一瞬、ローエングリンが鼻で笑ったかのように見えたので、彼女は手に持っていたバールのようなものを思いっきり振ってしまった。
「がっ……!?」
 激痛に顔を歪めるローエングリン。アリスの一撃は、見事に彼の右足を殴打した。
「やった、当たったわ!」
 初めての有効打にアリスがはしゃぎ出す。
「相手の考え付かない事って、つまり不意打ちが強いってことだったのね」
「それも……ひとつだが……」
 身体を丸めて、あざが出来た脚を手で押さえるローエングリン。
「大丈夫?」
 アリスは心配そうに顔を覗き込む。それと同時に、湖の何処かから声が聞こえてきた。
「ローエングリン!? ちょっとアリス、貴女何したのっ!」
 『構造体』の1つ、『トルソー』での2044年、6月。
 アリスと奈々子が出会う半年前であった。

 次→「再会」 Part4

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://longstraight.blog79.fc2.com/tb.php/402-b8b634fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

『Respective Tribute』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

kuroron

Author:kuroron
黒髪ロングストレート好きの20代メンヘラです

目撃者数

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。